トップページ

作品集1

作品集2

会社概要

お問い合わせ

中国の水墨画1

中国の水墨画2

中国の水墨画3



中国各地の

『 墨彩画 』

『 書 』


--------------------------

【 春望 】
詩・杜甫

国破山河在 城春草木深

感時花賤涙 恨別鳥驚心

烽火連三月 家書抵萬金

白頭掻更短 渾欲不勝簪


(訳文)
戦乱によって都長安は破壊されつくされたが、大自然の山や河は依然として変わらず、町は春を迎え草木が生い茂っている。

時世のありさまに悲しみを感じて花を見ても涙を流し家族との別れをつらく思っては鳥の鳴き声を聞いてさえ、はっとして心が傷むのである。

うちつづく戦いの烽火は三か月の長きにわたり、家族からの音信もとだえ、たまに来る便りは万金にも相当するほどに貴重なものに思われる。

心労のため白髪になった頭を掻けば一層薄くなりまったく冠を止める簪(かんざし)もさすことができないほどである。



----------------------------

中国画家の水墨画集